今年の節分は124年ぶりの2月2日です!

令和3年(2021年)2月2日(火)[ブログ番号:25]

歳時記シリーズ #1

今日は節分です!例年、節分は2月3日か4日が多いですが、2月2日が節分になるのは、なんと1897年(明治30年)以来、124年ぶりなんです。

節分というのは、二十四節気のうち、季節の変わり目となる四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前日を指し、本来は年に4回あるのですが、現在ではもっぱら、立春の前日だけが「節分」と認識されることが多くなっています。

それで、今年の立春が2月3日となったため、その前日の2月2日が節分となった、ということだったのです。

二十四節気は、地球が太陽の周りを1周する期間を24等分して決められる暦で、毎年、国立天文台が計算して発表しています。この計算により、二十四節気の日付が毎年前後することがあるのです。

今後、今世紀中には、しばしば「2月2日が節分」という年が出現するそうです。

さて、節分といえば、豆まきですよね〜。「豆(まめ)」は「魔滅(まめ)」に通じる、ということで、邪気を払い、健康に暮らせるようにと、古くから神事として行われていて、室町時代には庶民の間でも行事として定着したようです。

一般的には炒った大豆を播くことが多いですが、北海道や東北地方では落花生(ピーナッツ)を播くところも多いようです。落花生を殻ごと播けば散らかることもなく、床に落ちても割って食べられる、ということで、合理的ですよね〜。

落花生といえば、私が住む千葉県は生産量が全国一として知られています。なんと国内生産量の8割近くは千葉県産なんです。

そこで、千葉市の中心部にある、県産品を販売する「チーバくん物産館」というところに行って、千葉県産の落花生を買ってきました!

(撮影地:千葉市中央区中央 撮影日:2021年1月31日)

👇購入したのは、八街(やちまた)産の「千葉半立」という品種です。八街市は千葉県の中でも落花生の生産量が1位で、千葉半立は最高品種として知られています。

👇袋から出しました。たくさんの落花生が入っていました!

ところで、節分の豆は、自分の歳の数だけ食べると、1年病気をせず、健康に暮らせる、という言い伝えがあります。

実は私は今年が年男。それで歳の数だけ食べようと思ったのですが、地域によっては、誕生日前の人はプラス1した数を食べる、というところもあるみたいです。

さらに、数え年で歳の数を食べる、という地域もあるようです。

年齢の数え方は、「満年齢」と「数え年」というのがあります。

満年齢とは、単純に、生誕してから何年経ったか、ということで表す年齢の数え方で、各人の誕生日で1カウント加えていくやり方。現代で一般的に使われている方法です。

一方、江戸時代までは数え年が主流。これは、まず、生まれた時点で1歳とカウントし、さらに、年が明けると、みんなが一斉に一つ歳をとる、というシステムだったみたいです。だから、究極的には大晦日に生まれた赤ちゃんは1日にして2歳に!!

ということで、私は今年の誕生日はまだ来ていませんので、現在の満年齢は47。しかし、プラス1すれば48。さらに、数え年だと49となりますね〜。

そんなわけで、3つの年齢に対応できるようにしました。

👇47個の落花生を使って、セブン・セグメント表示方式(デジタル時計の表示方式)で「47」を作りました!

👇48個を使った、48バージョンです。

👇さらに1個足して、49バージョンです。

👇殻を剥きました!やっぱり千葉・八街産の千葉半立は美味すぎです!やめられない、止まらない、といった感じで、あれよあれよという間に47も48も49も優に超えて、たくさん食べました!

以上