京成電鉄の令和3年3月3日記念乗車券を買いました!

2021年(令和3年)3月4日(木)[ブログ番号:31]

歳時記シリーズ #5

昨日は「令和3年3月3日」で3が3つ並びました!

それにちなんだブログネタは何かないかな〜、とネットでいろいろ見ていましたら、いろんな鉄道会社が、記念の切符を発売する、ということがわかりました。

でも、昨日は私は日勤の仕事をしていましたので、近場で、仕事帰りにしか購入することができませんでした。

私の自宅から一番近い鉄道駅は、JR京葉線の稲毛海岸駅、その次に近いのは京成電鉄千葉線の京成稲毛駅、その次に近いのはJR総武線の稲毛駅です。

上の3つの駅はいずれも「稲毛」が名前に入っていますが、それぞれの駅の間は歩いて10〜20分くらい離れています。

それで、JR東日本では記念切符の発売はないようでしたが、京成電鉄では発売される、という情報を得ました。

でも、ターミナルとなるような大きな駅でしか販売されないだろうな〜、と思っていました。というのも、JRの2駅は結構大きな駅なのですが、京成稲毛駅は昔ながらの商店街の中にあるこじんまりした小さな駅だからです。

それで京成電鉄のサイトを見たらなんと!京成稲毛駅でも発売されると書いてありました!

👇京成電鉄のサイトにあった案内です。見てください、「6.発売箇所」のところを!京成稲毛駅が京成線主要20駅に入れてもらえてよかったです*\(^o^)/*

👇ふだんの通勤には京成電鉄は利用していないのですが、昨日は遠回りして、京成電鉄経由で帰宅しました。京成稲毛駅に着いたのは19時ちょっと前でした。すっかり夜の帳が下りていました。売り切れてないかな〜。

👇京成稲毛駅は、千葉方面のホームには駅事務所はなく、駅構内にある踏切を渡って津田沼方面ホームの改札にある窓口に行きます。京成の駅は、構内に踏切があるタイプが結構ありますね。

👇改札前の窓口のところに、記念乗車券の看板がありました!窓口の駅員さんにお聞きしたら、まだありました!

👇無事ゲットしました!

👇京成稲毛駅から自宅までは歩いて20分くらいかかるのですが、散歩がてら歩いて帰りました。

👇家に帰って開封しました。3つの駅の330円区間の切符が入っていました。3つの駅は新三河島駅、宗吾参道駅、ユーカリが丘駅です。前者2つは「三」「参」が入っていますが、ユーカリが丘駅は駅番号が33とのこと。また、2015年に引退した3300形という電車の3333号車のカードも入っていました。

👇Twitterには、切符番号が偶然「0033」という方の投稿がありましたが、私は「3061」でした(*^o^*)

コロナ禍の影響で、鉄道会社は軒並み収益が大幅ダウンしているそうです。だから、このような記念切符が売れて、少しでも売り上げの足しになればいいな、と思います。

考えてみれば、来年は令和4年4月4日がありますし、再来年は令和5年5月5日…。この方式を適用すれば、令和12年12月12日まで毎年記念切符を発売できそうですよね〜。でも、その前に、2022年2月22日という、2がたくさん並ぶ日がありますよね〜。それまでには、なんとかコロナ禍も終息に向かっているといいのですが…。

以上