今日は二十四節気の「清明」です!早く清らかで生き生きとした世の中が戻ってくるといいな〜。

2021年(令和3年)4月4日(日)[ブログ番号:34]

雑感

今日は二十四節気の「清明(せいめい)」です。

これは「清浄明瞭」の略で、気候が暖かくなってきて、いろいろな生物が清らかに生き生きとしてくる季節、という意味合いがあります。

しかし今、世間はコロナ禍の真っ只中。1年以上も、COVID-19(新型コロナウイルス)感染症に翻弄される日々を余儀なくされていますよね〜。いつになったら、清らかで生き生きとした世の中が戻ってくるのかな〜、と考えています。

私はCOVID-19感染症を過度に恐れているわけではないのですが、さすがに「たんなる風邪」とは思えないです。というより、誰でも風邪だろうと季節性のインフルエンザだろうと、絶対にかかりたくない、と思うのは当然ですよね。

私の場合は、非正規で働く時給制の労働者だから、もし感染して仕事を欠勤、となったら、生活が成り立たなくなってしまいます。だから、うがいや手洗いなど、個人でできうる感染症対策はしっかりしていこうと思っています。

一方で、コロナ禍を1年経験してきて、政府が緊急事態宣言を発しなければならないような重大な感染症なのかな?という疑念も自分の中にはあります。

たしかに、とくに欧米の状況を見ると、「たんなるインフルエンザの一種」とは思えないような死亡者数です。

しかし、私の周囲では、COVID-19感染症にかかった、という声はほとんどなく、まして、重症化したなんて話は、一つもありません。通常の季節性のインフルエンザだと「かかった、苦しかった」といった声は毎年聞くのにな、と思っています。

芸能人がCOVID-19の陽性者になった、というニュースも毎日のように聞くものの、最近はその後に命に関わるような重症になった、という事例はほとんどないのではないか、と思います。

この一年ですっかりおなじみになった「三密(さんみつ)」という言葉。「密集場所(多くの人が集まっている場所)」「密接場面(人と人との距離が近い場面)」「密閉空間(換気の悪い密閉空間)」のことで、この3つの条件が重なると、クラスター(集団)感染のリスクが高まる、と言われています。

でも、この1年のニュースを見る限り、「三密」のうち、とくに「密閉空間」がクラスター感染の要因としてリスクが高いのではないか、という感じがしています。

クラスター感染が発生している場所は、病院や介護施設、カラオケボックス、スポーツジム、飲食店など、全て室内の比較的狭い空間のように思います。

一方、何かと批判を浴びる大規模イベント。たとえば、今年の箱根駅伝や成人式でも「密集」「密接」の状況があり、ネット上ではそれらの映像や写真が拡散され、集まった人たちに対して、まるで犯罪者であるかのような罵詈雑言のコメントをしている人もいました。

しかし、そうした人たちの「期待」を裏切るかのように、箱根駅伝や成人式でその後クラスター感染が発生した、というニュースは見たことがありません。

屋内イベントでも、比較的広い会場で行われる大相撲やコンサートなどでクラスター感染の報告例はこれまで特にありません。

このブログでも書きましたが、私は昨年の10月に横浜スタジアムでプロ野球観戦をしました。その時は、入場制限50%でしたが、チケットをブロックごとに販売していたようで、密集・密接がある席のエリアと、まったく観客がいない席のエリアがはっきりしていました。

当然、密集・密接のエリアでは、何も食べず、会話もせず、声も発せず野球観戦している人なんかいませんでした。それでも、昨年プロ野球はセ・パ両リーグで800試合くらい開催されたと思いますが、クラスター感染の報告はありませんでした。

そう考えると、もしかしたら、今年に開催延期された東京オリンピック・パラリンピックもフル規格の通常開催ができたんじゃないかな、と密かに思っていたのですが、しかし、海外からのお客さんは、ただオリンピックを観戦して帰国する、というわけはなく、東京の街を観光して帰られるのは必定で、当然密閉空間で過ごす可能性も高いですから、海外客の受け入れ断念は仕方がない措置なのかな、と思いました。

このブログは、いろいろなところに行ってお散歩して、その記録を載せる、ということを主にやっていきたいと思っていますが、緊急事態宣言中は、現在住んでいる千葉市の周辺に限定してお散歩してきました。

緊急事態宣言も先月解除され、気候も暖かくなってきましたので、私もお出かけの範囲を広げていこうかな、と思っていたのですが、ここへきて大阪では感染者数が急増、東京でも下げ止まりの状況が続き、その他の地域でも感染拡大傾向があるところがあります。

むろん、私は一人で散歩するだけですから、三密のリスクはほぼない、と思っていますが、かりに症状が出なくても人が移動すれば、媒介者としてウイルスを拡散してしまう恐れはあると思います。

ですので、当面は、千葉県内に限定してお出かけしていこうかな、と思っています。

私は千葉県民となって14年になりますが、県内でまだ行ったことがないスポットがたくさんあります。

千葉県には、54の市町村(37市、16町、1村)がありますが、しばらくはその全てを回ることを目標に、このブログを書いていこうかな、と考えています。

以上